By | February 23, 2022

イタリアについて考えるとき、彼らは絵のように美しい田園地帯、古代遺跡、信じられないほどの歴史、おいしい料理、スタイル、そして優雅さを思い浮かべます。 彼らは、非常に実用的で機能的なオリジナルのムーンブーツについてはあまり考えていません。 実際、テクニカは70年代初頭に最初にムーンブーツを設計し、現在も生産を続けているという事実は、市場に存在する価値あるニッチの証です。

ムーンブーツは冬の必需品です。 それらは正確には何ですか? ムーンブーツは、-35°Cに達する温度で足とふくらはぎを暖かく保つことができる特殊なサーマルライニングを備えた軽量素材で作られた耐水性または防水性の履物です。 ブーツのヒールとソールは快適さと安定性を高め、ソールは独自の断熱性により暖かさを増しています。 これらの機能により、雪や寒い天候下での使用に最適です。 それらの外観は、特大で派手でぴったりとしたガムブーツを反映しています。

それらが市場に登場してから40年の間に、ムーンブーツ機能に関して利用可能なオプションの選択肢は非常に増えました。 現在、スエード、ナイロンジャカード、ソフトタッチナイロン、ナイロン、ニスPU、キルティングPU、キラキラ生地など、さまざまな外装が用意されています。 品種ごとに、外観がマットから光沢のある仕上がりにわずかに変化します。 個人的な好みは、品質と外観がすべて優れているため、この機能に関して決定を下す唯一の方法です。

予想通り、さまざまな素材を使用するということは、色の選択に関して幅広い柔軟性があることを意味します。 彼らの歴史を通して、ムーンブーツは常に冬のワードローブに明るく幸せな追加であり、今でも違いはありません。 色の例には、黄土色、灰色、暗褐色、黒、氷から淡いピンク、紫、紺碧、ガソリンブルー、オレンジ、シーグリーンなどのニュートラルで微妙な色調が含まれます。 より目立つ色は、シルバー、アイボリー、バーガンディ、ブーガンビル、アプリコット、赤、黄色で構成されています。特に、メタリック仕上げの色もあるためです。

伝統的に、ムーンブーツはテーパーのないスタイルでより長い長さで来ました。 このスタイルは依然として人気がありますが、より短いバージョンやより適合したバージョンも存在します。 繰り返しますが、どちらが優れているかについての決定は、個人的な選択の問題です。 もちろん、すべての小売業者がすべての素材の範囲、色、またはスタイルを利用できるわけではありません。

ムーンブーツは、性別や年齢を問わずお使いいただける便利なブーツです。 大人、青年、ティーンエイジャーは暖かくトレンディに見え、新生児や子供は居心地が良くかわいいように見えます。 これらはこの点で非常に用途が広いです。

ムーンブーツは、クローゼットに入れて履くだけの靴ではありません。 それらの絶縁特性とより少ない牽引力のある条件で安定性を与える能力は、それらを恐ろしい冬の数ヶ月に最適にします。 彼らはまた、時には悲惨で憂鬱な気持ちを残すことがある状況に少し色をもたらします。 彼らは見栄えが良く、気分が良く、あなたを同じように感じさせます。